遺品整理とは、故人の残した品(遺品)を整理することで、遺品整理や遺品処分ともいいます。遺品はいわゆる遺産の内でも動産など物品全般を指します。故人が生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品など古物としては財産価値の薄い物品も含まれます。

どんなに小さな遺品であっても、ひとつひとつが故人の思い出が詰まった品ですから、たとえ不用品であったとしても粗末にできるものではありません。故人の遺品を遺族で分け合うことは「形見分け」と呼び、急な出来事の場合、あるいは借家や賃貸アパートなどすぐに賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってから直ちに遺品整理にかかることが多くなっています。

遺品の中の日記・手紙・手帳(住所録やメモなど)・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になることもあるので保管しておきましょう。その他の家具や箪笥などの家財道具は福祉施設に、書籍などは地域の図書館や学校などに寄贈されることもあります。しかし、中には引き取り手がつかない、あるいは財産としての処分を行うことができない物品もあります。その他、ありとあらゆる家財道具や居間や台所などの細々とした生活雑貨の一切を含め、故人の残したものを整理しなければいけません。

近年の少子高齢化と核家族化を背景にして、独居老人の孤独死が社会問題化しています。そのため、もし家具や生活用品が大量に残された状態で住人が亡くなった場合、残された遺族には遺品の整理と廃棄が負担となるケースがあります。そのため、整理を専門にする業者(別項参照のこと)や、専門ではなくともそういった業務を手掛ける業者が存在します。

こういった廃棄される遺品の中から市場価値のある物品を見つけ出す目利きを行う古物商もない訳ではありません。一方、業者に任せると、場合によってはただ単に廃棄されるゴミとして遺品を扱われることにもなるため、抵抗がある遺族も少なくありません。ですから地方農村部や地方都市・古い住宅街の、こと持ち家などでは、故人の生活家財一切合財ごと不動産税を支払い続け、そのようにして親族などで管理されている無人の家というのもしばしば見られます。

なおこういった遺品に埋もれる形で当人が他人には秘密で行っていた箪笥貯金やヘソクリなどが人知れず存在している場合もあります。稀に家電製品や古着などに混じって高額紙幣の束がゴミ処分場などで発見されるケースも報じられ、「もしかしたら」という形でひとつの発見報道に何人もの所有権を主張する者が名乗り出るなどの混乱も発生しています。